NARITA.com

青森市 美容室「アオノハ」成田ヨシヒロの発信メディア 

自分、大卒の美容師です。

CATEGORY

こんばんは、青森市の美容室「アオノハ」成田です。

先日、ものすごく共鳴したブログ

私が大学卒業後に美容師になった話と、進路や就活に悩んでる方へ伝えたいこと。 – ムラタナツキの塩対応

ムラタナツキさん。
説明が複雑になりますが、以前の職場IMAJINEの上の階のお店(こちらも美容室)で働かれていた方です。

上のお店の方とは挨拶程度で実際にはほぼ関わり無かったのですが、ムラタさんだけは非常に濃い夜を過ごした思い出があります。

水曜どうでしょうばりの「インキー事件」の立役者です。

懐かしいです。いい思い出です。

縁って面白いもので、本当に最近になってFacebookで再会、ムラタさんも今は違う職場みたいですね。

そして最近ブログも書かれてます。

なんで面白い方は決まってはてブなんだろう。

で、読んだわけです。

あ、自分も大学行ってた。

今は大卒の美容師ってそこまで珍しいわけでもないけど、まあ極めて少数派。
お客様とも話の流れで言うと驚かれることが多いです。

自分の場合はムラタさんとは違って成績はあんまり良く無かったです。そして元々「美容師」になると完全に決めてました。

じゃあ何故にってなりますよね。親といろいろいろいろ話した結果です。
ダブルスクールです。
大学に普通に通い、専門は通信で。

今思えば息子を大学に行かせるのがどんだけ大変かが全く分かっておらず、情けないほど典型的な「人生の夏休み」的な学生生活でした。
むしろ自分はそうなることを予感してたので、一途にまっすぐ専門学生になりたかったのです。

でも親はそんなことすら見抜いていたのかもしれません。いや、「おめー金返せ」かもしれませんが。。

酒は飲めるだけ飲み、友人宅で夜から昼前までウイニングイレブン、もしくはぷよぷよ。

デロリアンであの頃に戻れたらバレないようにしっかりとひっぱたきたいところです。

でも、あの時間は何にも変えられない

なんとか卒業できた大学、お恥ずかしい限りですが、ムラタさんとは一致してるのは
交友関係の幅が広がったこと。
今自分の友達、先輩後輩は全国で商社マン、営業、Webデザイン、バックパッカー、構成作家まで、自分の知らない世界、業界で日々戦ってます。

連絡は不精でも縁が切れることはなく、たまに会えるとたくさんの刺激をもらい、自分も伝える。

美容師の友人が増えたのはここ数年。

これが今日々美容師として生きる上での大きな財産になってます。

いや、もっと大学で学べただろ…ということも多々痛感してますが…

あの4年間がくれるいまの「原動力」

派手な髪型、派手な服装でおっきい鞄を持った「専門学生になるのに憧れてましたが(服装、髪型はそれなりに攻めた)、もっと大きい「違い」があるのが自分の強み。

世の中では「美容師って大変」っていうイメージがまだ割とあるみたいですが、
他の業界もそれぞれ苦労してるし、先もわからないし、自分がイメージもできない大変な思いしてる人もいる。

ただ、自分は美容師、美容室経営者なので、こうやってブログ見てもらったり、たまに会ったりした時に
「成田はホントに楽しそうにやってんな〜」
からの、
「美容師っていい仕事だな〜」
と言ってもらえるのが一番嬉しい。その為に頑張ってる部分も正直あります。

でも営業頑張ってる友人も、

遅くまで接待で飲み潰れる友人も、

終電で帰れずに会社に泊まるシステムエンジニアも、

嫁いで子育て奮闘中の友人も、

みんなめちゃくちゃカッコいいと思います。

会うたびにまたカッコよく変わっていく友人、知人たちに負けないように、自分も高みを目指して日々美容師の仕事を楽しみきるのみ。

って、
なんでこんな話かって、

この人がきっかけになるとは、、

縁って面白いです。

明日は定休日頂きまして、また火曜からブンブン皆様素敵にさせて頂きます。

✳︎友だち追加
上のボタンを押すとLINE@登録できます。髪の毛に関する質問、ご予約、ご相談などにお役立てください。✳︎